文豪ストレイドッグス(3期)第33話ネタバレ!

http://bungo-stray-dogs.jp/ Japanese
リリィ
リリィ

前回はギルドのお話だったけど、今回はどんなお話になるのかなっ?

先生
先生

今回は、武装探偵社とポートマフィアの首領が鍵になるみたいだよ!それでは、文豪ストレイドッグス第33話のネタバレを見て行こう!

仮面の男の襲撃

https://www.animatetimes.com

ある日の深夜、武装探偵社の社長・福沢諭吉は人気のない歩道を一人歩いていた。その際、血痕を発見した福沢はさらに暗い路地へと足を運ぶ。血溜まりを見て考え込む福沢の背後から、仮面を被った謎の人物が大鎌で襲い掛かる。しかし、殺気を感じた福沢は自分に向かって振り下ろされた大鎌を掴み、食い止めるのだった。

https://www.animatetimes.com

不穏な言葉を呟く仮面の男に、福沢は他の犠牲者を出さないためにもここで終わらせることを決める。しかし、仮面の男は「あなたは私に届かない。意識の外からの攻撃は避けられない」と告げる。そして、後方からの攻撃を間一髪避けた福沢だったが、かすり傷を負ってしまう。実は、その刃には「毒」が仕込んであったのだ。福沢は毒により意識を失ってしまう。

仮面の男の正体

https://anitubu.com

「社長が襲われたって本当ですか!?」慌てた様子で武装探偵社に出勤してきたのは中島敦だった。事情を知らない中島敦に、国木田が「一命はとりとめたが、意識不明。与謝野先生の異能でも治療できない」ということを告げる。さらに、太宰は最近似た類の異能力者暗殺事件が頻発していることも付け加える。そして、太宰は言う。ヨコハマでそのような事件があったとならば、ポートマフィアが黙っていないと。

https://anitubu.com

「今頃は隠れ家も既に突き止めているかもしれないね」と語る太宰の言葉通り、ポートマフィアは隠れ家に突入していた。しかしながら、その隠れ家は既にもぬけの殻であった。一方、指示を出していたポートマフィアの首領・森鴎外はエリスとともにショッピングを楽しんでいた。そして、次の店へと向かうため森鴎外は車に乗り込む。しかし、その瞬間車もろとも爆発。その様子を、上空から仮面の男は静かに眺めていた。

https://anitubu.com

一方、太宰治は最初に福沢諭吉が襲われた場所に訪れ、現場の状況や血痕を確かめる。そして、「犯人がわかった」と静かに呟く太宰。

https://anitubu.com

そして、車が突然爆発し何事かと人が群がっている様を、上空からボロボロの森鴎外をぶら下げたエリスが眺めていた。「苦しい」と言う森鴎外をエリスは地面へと容赦なく落とす。痛がりながらもどこか嬉しそうな森鴎外の電話に着信が届く。その相手は、芥川だった。「強めに噛みついてやりなさい」という首領の命令により、芥川は動き出す。

https://anitubu.com

芥川は最初に福沢が襲われた場所へ向かう。そこへ、仮面の男が出現する。仮面の男は「我が愛し君の復活の為」と呟きながら、芥川に対峙する。それに対し、芥川は「美しくないとは云わぬ。だが、力無くば獣の遠吠えだ!」と答え攻撃を開始する。芥川の異能・羅生門により、仮面の男は全身串刺しにされる。絶命したかと思いきや、その攻撃は効かない。代わりに仮面が二つに割れ、仮面の男の正体が明らかになる。その正体はナサニエルであった。

黒幕はフョードル

https://anitubu.com

一方、車が爆発したことで人だかりができてしまい、森鴎外とエリスは途方に暮れていた。そんな二人の元へ騒ぎを聞きつけた警官が近づく。事故の状況を聞き、「大丈夫か」と問う警官に森鴎外は「ピンピンしている」と笑顔で答える。すると、警官は言う。「それは困りましたねえ?」と。警官に刃物で腹部を刺され、森鴎外はとっさに警官の帽子を振りはらう。警官の正体は、フョードルであった。フョードルはそのまま人ゴミへと消えてしまう。森鴎外は「多すぎる野次馬も彼の仕込みか…」と呟くと、その場に倒れてしまう。

https://anitubu.com

一方、芥川は未だナサニエルと対峙していた。ナサニエルの異能力・緋文字は、自身の血液を聖なる文字に変えて操る能力。弾丸のように飛ばしたり、それによって空中歩行したりすることも可能という汎用性の高い能力だ。芥川はふとナサニエルが言っていた「我が愛し君の復活の為」という言葉を思い出し、以前繰り広げた死闘で倒したあの女のことかと問う。しかし、ナサニエルからは予想外の答えが返ってくるのだった。「貴方は誰ですか」と。

https://anitubu.com

一方、フョードルは路地裏で警官の服からいつもの装いに着替えていた。しかし、「帽子がない」と呟くフョードル。そこへ「探し物はこれかい?」とフョードルの帽子を被った太宰が登場する。仮面の男を囮に使った二重の暗殺計画。さらに、フョードルの逃走経路まで読み太宰はここで待ち伏せしていたのだった。

https://www.animatetimes.com

「それでご用件は?」と尋ねるフョードルに太宰は笑顔で答える。「社長に盛った毒の正体を教えてほしい」と。太宰はフョードルの目的については全てわかっていると告げる。フョードルの目的は「本」であり、その本を手に入れるためにはヨコハマの異能力者を根絶やしにする必要がある。しかし、フョードルたち鼠にはギルドのような兵力がない。だから、暗殺によってヨコハマの二大組織の首領を襲い落そうとしたと推理する。

https://anitubu.com

ここまで見事に的中させた太宰を称賛し、フョードルは福沢と森鴎外に盛った毒の正体を教える。その毒の正体は「共食いの異能」だった。「共食いの異能」にかかった者は48時間かけて宿主二人の体を食い破り、二人は死に至る。ただし、48時間以内に宿主二人のどちらかが死ねば異能は停止する。つまり、福沢を助けるためには森鴎外を殺すしかないということになる。

https://www.animatetimes.com

「人は罪深く愚かです。策謀と知っていながら、殺しあうことをやめられない。誰かがその罪を浄化せねばなりません」そう呟いたフョードルは徐に片手をあげる。「こんな風に」と。すると、遠くにいた刺客に太宰は撃ち抜かれてしまう。重症を負いながら、太宰は言う。「同類だと言ったが、考え方が違う。確かに人は罪深く愚かだ。だから、いいんじゃあないか」その言葉にフョードルは何を思うのか。彼の目的は、書いた内容が事実となる白紙の文学書「本」を使い、異能力者のいない世界を作ることだった。

探偵社とポートマフィア

https://anitubu.com

その後、国木田たち武装探偵社の面々は社長が入院する病院に集まり頭を抱えていた。太宰は現在手術中であり、乱歩はかなり取り乱し現在は社長に付き添っていた。この状況でどのようにポートマフィアに対抗するのか。残された時間も僅かだった。すると、ここで中島敦が慌てた様子で叫ぶ。「ポートマフィアに包囲されています!」と。

https://anitubu.com

この状況でどういう手を打つべきかと国木田は焦る。すると、「焦るな!国木田」。そこへ現れたのは江戸川乱歩だった。そして、乱歩は言う。「指示を出せ!社長代理。必要な情報は僕が全て読み切ってやる!」と。

https://anitubu.com

一方、病院の外で突入の瞬間を待っていた中原中也は意外な状況に目を見張る。武装探偵社の主力、ほぼ全員が社長の病室の前で待ち構えていたのだ。この状況を目にした中也は、すぐにポートマフィアの主力を揃えて向かうのだった。対峙する武装探偵社とポートマフィア。既に戦いは始まっていた。

リリィ
リリィ

熱い!熱すぎる展開だね!武装探偵社とポートマフィアのトップの命を奪い合う展開に!?乱歩さんもカッコよかったし、太宰さんは倒れてしまうし、もう言いたいこといっぱいあるよ!

先生
先生

本当に今回は文豪ストレイドッグスらしい熱い展開だったね。ラストのシーンで乱歩さんがいなかったのも気になるし、国木田さんがどんな指示を出したのかも気になるね。

リリィ
リリィ

色々気になることがあるよね!次回も楽しみ~♬

タイトルとURLをコピーしました