文豪ストレイドッグス(3期)第34話ネタバレ!

http://bungo-stray-dogs.jp/ Japanese
リリィ
リリィ

前回はポートマフィアと武装探偵社の首領が「共喰い」の異能に侵されて、助かるために相手の首領の命を奪い合わなければいけないという展開だったよね!

先生
先生

そうだね!全てはフョードルの策略。命を奪い合う以外の解決策はないのかな。江戸川乱歩なら、思いつきそうだけどね。

リリィ
リリィ

たしかに!乱歩さんがいればきっと大丈夫!じゃあ、文豪ストレイドッグス(3期)第34話のネタバレを見て行こう!

ルールの変更

https://animeanime.jp

「順番にやるか。それとも全員一度にやるか」中也は、目の前の武装探偵社員らに向かって宣戦布告する。ポートマフィアと武装探偵社の主力が一堂に会し、睨み合う。しかし、武装探偵社側のメンバーが一人、また一人と消えていく。そして、その場に残ったのは谷崎ただ一人だった。つまり、主力メンバーが全員いるように見せかけていたのは、谷崎の異能力「細雪」の残像だったのだ。他の探偵社員と社長は既に病院を脱出していた。また、谷崎は乱歩からの伝言をポートマフィアに伝える。

https://animeanime.jp

「ウイルスを作った異能力者を捕らえる?」救急車に乗って脱出していた中島敦は、乱歩に尋ねる。つまり、乱歩が考えた作戦とはポートマフィアとボスの命を取り合うというルールを変えることだった。ウイルスを作った異能力者を捕らえ殺すか、太宰が触れれば異能力は解除される。ポートマフィアと戦うよりも、その方が全員が助かる可能性が高いという考えだった。また、ウイルスを作った異能力者は必ず現在もヨコハマにいると推理した乱歩。こうして、武装探偵社は捜査を開始する。

国木田の理想

https://anitubu.com

貧民街を訪れる中島敦と国木田独歩。これから二人は、その先にいる筈のウイルスを作った異能力者に接触を試みる。もしこれが失敗すればポートマフィアに人質にされている谷崎の命が危ない。二人は気を引き締め、その狭い路地へと足を踏み入れる。

https://anitubu.com

しかし、標的に先に気づかれてしまったらしくその場には誰も居ない。二人はさらに奥へと進む。すると、一人の男が逃走するのを確認。中島敦は虎の姿でその男を追おうと飛び出す。しかし、「待て!敦!」一発の弾丸が敦目掛けて一直線に伸びてくる。倒れる敦だったが、被弾する前に弾丸を口で受け止めていた。

https://anitubu.com

間髪入れずに起き上がった中島敦と国木田の目の前に立ち塞がっていたのは、年端もいかない子供たちだった。さらに、その子供たちは敦たちに向けて銃を乱射。二人はすぐに物陰に隠れる。銃弾を撃ち返すことは容易だが、そうすると子供たちの命が危ない。しかし、国木田は「俺たちは止まるわけにはいかん」と呟く。そして独歩吟客で催涙弾を作り出し、子供たちへと投げる。怯んだ子供たちの脇を通り抜ける敦と国木田。しかし、その途中で振り返った敦が見たのはマスクをつけた女の子が今にも銃を発射しようとしている姿だった。「避けきれない!」「ドン!」一発の銃声が鳴り響く。そして、倒れるマスクの少女。国木田がやむを得ず撃った銃弾に被弾した少女は悲痛な叫び声を上げる。先へと急ぎながら、国木田は「地獄か、ここは」と呟くのだった。

https://anitubu.com

そして、再び二人の行く手を阻む刺客が現れる。その少女は、首に手榴弾を巻いていた。その少女は「兄さんを助ける」とうわ言のように呟きながら爆弾の引き金を引こうとする。それを見た国木田は「ここは俺に任せて行け」と敦に告げる。敦は先へと進むことを決める。その後、国木田はその少女に近づき力強く言う。「君の兄さんは殺させやしない。絶対にだ」と。

https://twiani.com

少女を守るためには、まずあの手榴弾を捨てさせなければ。そう考えた国木田は、少女を安心させるように手品を披露しようと「理想」と書かれた手帳に手を伸ばす。その手帳を見た少女は、親切な男(フョードル)の言葉を思い出す。「兄さんを…助ける」そう呟いた少女は迷わず手榴弾の引き金を引く。「やめろおおおおお!!!」国木田の制止の声が少女に届くことはなかった。爆風を辺り一帯を包み込む。

https://twiani.com

一方、別ルートで男を追っていた敦は船で逃走しようとする男を取り押さえることに成功する。しかし、その男は「そうまでしてひき逃げ事件を闇に葬りたいのか!?」と叫ぶ。噛み合わない会話に、敦は動揺する。そして、その男はロシア人の親切な男(フョードル)から預かったという一枚の紙を敦に渡す。その紙は軍警のウイルス異能力者の資料だった。本物の資料にしか見えないその紙を眺めていると、後ろから乱歩が現れその紙を見る。乱歩はその資料は「ダミー」だろうと告げる。すると、男は親切なロシア人の男(フョードル)から伝言を預かっていると言う。「ルールの変更はできません」と。これで、ポートマフィアとの交渉材料が完全に断ち切られた。谷崎が危ない。

囚われの谷崎

https://twiani.com

ポートマフィアで囚われる谷崎。広津柳浪、立原道造、銀に囲まれていた。武装探偵社から連絡がないため、谷崎は「殺すのか」と問う。しかし、広津は谷崎に「スパイ」になるようにと告げる。その脅しの材料は妹の直美。それを聞いた谷崎は「妹に手を出せば全員殺すぞ」とその場にいる全員が怯むような殺気で告げる。そんな谷崎に銃を向ける立原。谷崎は「撃ってみろよ」と挑発する。そして、後ろに隠し持っていた小さな紙きれを取り出す。

https://twiani.com

爆発から間一髪助かっていた国木田は、異変を察知し叫ぶ。「独歩吟客」!「畳み刀」!その瞬間、谷崎の手の中に畳み刀が出現。一気に拘束を解いた谷崎は、自身の異能力「細雪」で応戦する。そして、瞬く間に広津や立原を翻弄し、部屋から脱出することに成功する。見事にしてやられた広津は呟く。「奴の狙いは首領の暗殺だ」と。

https://twiani.com

その後、谷崎はいとも簡単に首領が眠る部屋に侵入する。そして、「戦いを終わらせるにはこれしかない!」谷崎は持っていたナイフを首領の胸に向かって振り下ろす。

ポートマフィアからの脱出

https://twiani.com

「はっ!」「あら、目覚めた?」意識を取り戻した福沢諭吉がいたのは、アンの部屋だった。考えうる限りで最も安全な場所であるため、敦がルーシーに頼んでいたのだった。未だに熱が下がらない福沢諭吉は苦しみながら、言う。「ポートマフィアと戦ってはいけない」と。

https://twiani.com

「がはっ!」谷崎はナイフを振り下ろす直前で背後から何者かに刺されていた。その人物とは、ポートマフィア幹部・尾崎紅葉だった。刺された瞬間、細雪によって自身の姿を消す谷崎。しかし、姿は消しても殺気までは消せない谷崎は尾崎に追い詰められる。逃げ場もなく、死を決意する谷崎。

https://twiani.com

しかし、そんな彼を救ったのは「夜叉白雪」だった。鏡花は元ポートマフィアの一員であり、この建物に侵入するのは容易であった。鏡花は谷崎を掴むと、逃走する。ポートマフィアの組員らはそんな二人に向けて銃を乱射するが、尾崎は「やめよ!」と命令する。「鏡花に当たるではないか」と。

https://twiani.com

その後、逃走に成功した鏡花と谷崎を拾い、探偵社の面々は救急車で移動する。先程、「ポートマフィアと戦うな」という社長の言葉を伝え聞いた探偵社員。社長の意向に沿ってこのまま戦わないのか、それともポートマフィアとの戦いを続行するのか。誰もが口を閉ざしていた。

リリィ
リリィ

34話は、国木田さんと谷崎さんが大活躍する熱い展開だったね!二人とも、かっこよかった!

先生
先生

主人公の中島敦も口で銃弾をキャッチするシーンはかっこよかったよ。それに、泉鏡花に対して危害を加えられない尾崎紅葉も気になったね。

リリィ
リリィ

そうだね!それにしても、次回は全面戦争になっちゃうのかな?楽しみすぎる~!

タイトルとURLをコピーしました