鬼滅の刃第12話ネタバレ!

鬼滅の刃第12話ネタバレ! Japanese
リリィ
リリィ

前回までは鼓の鬼の屋敷について、猪の男に遭遇するとこまでだったね!

先生
先生

今回は善逸が覚醒するぞ!

リリィ
リリィ

お兄ちゃんを見つけることはできるのかな?!では鬼滅の刃第12話のネタバレ、いってみようー!

猪は牙を剥き

https://kimetsu.com/

「猪突猛進!」と言いながら猪の頭をかぶった奇妙な姿の男は鼓の鬼に向かっていった。その途端、部屋がぐるりと回る。猪の頭を被った男は、炭次郎を踏み台にして更に鬼に向かっていく。鬼が「腹立たしい・・・」と呟き、鼓を叩く。ポンと音がし、部屋がまた回転する。猪の頭を被った男は、落ちてきたてる子を踏みながら「部屋がぐるぐる回ったぞ!面白いぜ!」と愉快そうに笑う。そんな男の姿を見て、炭次郎は「人を踏みつけにするな!」と男を投げ飛ばした。「こんな小さい子を踏むなんてどういうつもりだ」と、炭次郎がてる子を抱き抱えながら言うと、猪男は「いいねいいね、人間に投げ飛ばされたのは初めてだぜ!」と笑いながら楽しそうに斬りかかってきた。炭次郎の静止も聞かず、斬りかかってこようとする猪男。その時、鬼が「虫め、消えろ。死ね」と言いながら鼓を叩いた。

https://kimetsu.com/

鬼が鼓を叩くと、突然畳が裂けた。鼓の音と同じ速度で獣の爪痕のような形でバッサリと裂けている。更に鬼が鼓を叩く。部屋がぐるりと回り始める。右回転、左回転・・・猪男は回転についていけずに下の面に叩きつけられる。炭次郎は段々とその仕組みが分かってきたのか着地できるようになってきた。だが、ポンと音がし、部屋が変わった。その直前に、鬼が鼓を持っていないのを見ていた炭次郎は、この屋敷からは複数の鬼の匂いがするため、別の鬼も鼓を持っているのか、と考えた。部屋を出て、てる子の兄を探そうと目の前の戸を開けた。そこには、鬼に食い散らかされた人間が横たわっていた。てる子にそれを見せまいと、炭次郎は「なんでもないよ」とてる子を連れて先を行く。炭次郎は、廊下を歩きながら血の匂いを嗅ぎつけた。今まで嗅いだことのない血の匂いだ。出血量は少ないようだが・・・。戸を開けると、そこには柿色の着物を来た少年が怯えた顔でこちらを見ていた。その手元には鼓。

善逸は眠る

https://kimetsu.com/

一方、炭次郎たちと離れ離れになってしまった善逸と正一。ガタガタと震えながらも善逸は正一の手を引いて、なんとか歩いている。そんな善逸に正一が「すみません」と声をかける。その途端、善逸が「ギィヤアアアア!」と叫んだ。どうやら声をかけるときは合図をして欲しいようだ。鼻水と涙を流しながらガタガタと震えて一生懸命主張する善逸に、正一は「汗、息、震えが酷すぎて・・・」と困惑している。善逸は「俺は精一杯頑張ってるだろぉお!」と、正一にすがりつく。自分まで不安になる、という正一に善逸は「やだごめんねぇぇえ」と奇声をあげつつ謝る。善逸は自分の事を棚にあげて、「静かにしたほうがいいと思うの俺は!」と提案した。そんな二人の背後から、「子供だ、舌触りが良さそうだ」と舌なめずりをしながら、一体の鬼が姿を現した。見事なフラグ回収に、善逸は「ほらご覧!!!出たじゃなぁああい!出たじゃなぁああい!」と叫ぶのだった。

http://animanch.com/

奇声を上げながら必死に逃げる善逸。美味しくないからと主張する善逸に、鬼は食ってみないとわからない、と追いかけてくる。背後から舌を伸ばし、傍にあった水瓶を叩き割る。その姿に絶叫しながらも、そこにあった部屋に飛び込む。倒れ込んだ善逸を起こそうとする正一だったが、当の本人は「膝に来てる!恐怖が8割膝に!!!」とガタガタ震えて立ち上がれそうにない。「俺のことは置いていけぇぇ・・・逃げるんだ・・・」と涙を流しながら正一を逃がそうとするが、正一は「そんな事はできない!」と断った。その正一の言葉に、「なんていい子なんだ!」と感動したものの、自分は弱くて守ってあげられないの、と弱音を吐く。しかし同時に、正一の享年が一桁なんてあんまりだ、自分が守ってあげないと、と、そう思った。しかし、鬼はお構いなしに迫ってくる。「お前の脳髄を耳からちゅるりと吸ってやるぞ!」と言いながら。その言葉を聞いて、プツンと何かが切れたように善逸が白目をむいて倒れた。

http://animanch.com/

善逸は眠っていた。正一が「善逸さん!」と声をかけるも、鼻ちょうちんを膨らませながらグーグーと眠っている。急に寝始めた善逸にどうしたらいいか分からずに困惑する正一。鬼は「なんだそいつ」と笑いながら近寄ってくる。善逸の身体を引きずって逃げようとする正一だったが、鬼はその長い舌で獲物を切り裂こうと攻撃をしてきた。思わず下を向き、「起きてよおぉ!」と叫ぶ。その瞬間、鬼の舌は切断された。鬼の舌が地面に落ち、正一が顔をあげると、そこには先程まで眠っていたはずの善逸が立っていた。上半身を深く折り曲げ、「シィイイイ」と音を立てながら呼吸をする。善逸の気配が変わった事に驚き焦る鬼。そんな鬼に向かって善逸は「雷の呼吸・壱ノ型・霹靂一閃(へきれきいっせん)」を繰り出し、目にも止まらない速さで鬼の首を落とした。刀を鞘に戻した途端、パチンッと鼻ちょうちんが破れ、善逸は目を覚ました。鬼の首が足元に転がってきて奇声を上げる。何が起きたのかわからないのか、正一がやっつけてくれたと勘違いし、抱きつく。正一も何がどうなっているのかわからずに困惑していたが、「行きましょうか」と善逸と共に部屋を後にするのだった。

http://animanch.com/

その頃、猪男は廊下を走り回っていた。3日前から部屋を移動させられては走りの繰り返しらしい。狭い建物の中を進むのは得意ではないと言いながら走り続ける。その時、突然曲がり角から手が出てきた。それを見事に避けると、鬼が姿を現した。頭から角を生やした大柄の鬼。猪男はその鬼を瞬殺した。

http://animanch.com/

鼓の鬼は「稀血、稀血」と言いながら廊下を歩いていた。稀血の人間を食べればまた十二鬼月に戻れる、と。その目には『下陸』の文字が刻まれていた。この鬼は響凱という。人を食えなくなったことで鬼舞辻に数字を剥奪された。そして、稀血の人間を食べる事で数字を剥奪されていたのだった。人間を食うほど強くなり、鬼舞辻に血を分け与えてもらえると信じていた。

稀血の少年

http://animanch.com/

いきなり戸が空いた事に、ひどく驚き怯えている柿色の着物を着た少年が目の前にいた。てる子が「清兄ちゃん!」と駆け寄る。どうやらこの少年が探していた兄らしい。炭次郎が側に寄り声をかけると、少年は泣き出した。そんな少年に炭次郎は元気を与えようと明るく振舞い、鱗滝からもらった傷薬を塗ってやるのだった。清少年曰く、鬼にさらわれてここまで来たという。別の鬼がやってきて、どちらが自分を食うかで戦いを始めたらしい。身体から鼓が生えている鬼が、別の鬼にやられて鼓を落としたという。その落ちてきた鼓を叩いたら部屋が変わり、今までそうやってしのいでいた、と。炭次郎はその話を聞くと、その鬼が『稀血』と呟いていた事を思い出す。すると、突然鎹鴉が現れ、「稀血とはぁ!珍しき血の持ち主である!」と喋りだした。

http://animanch.com/

清とてる子が驚いていると、鎹鴉は「ガキ共!つつき回すぞー!」と笑いながら言った。そして、稀血について説明を始めた。生き物には血の種類、系統があり、稀血の中でもさらに数が少ないもの、珍しい血であればあるほど、50人、100人と人を食ったのと同じだけの効果があるという。鎹鴉が説明を終えたその時、炭次郎が匂いを嗅ぎつけた。鼓の鬼が迫ってくる。その気配に、炭次郎はてる子に清を助けてあげるんだ、と言い聞かせる。物音がしたら鼓を打って逃げるんだ、と。二人の匂いを追って必ず助けに来ると約束し、「もう少しだけ頑張るんだ」と勇気付けると、二人は強い眼差しで「うん」と頷いた。炭次郎が鬼に向かっていったと同時に二人がいた部屋が消えた。

http://animanch.com/

炭次郎は先ほどの戦いで、どの鼓を叩くとどう部屋が回転するのか何となくわかっていた。右肩の鼓は右回転、左は左回転、右足は前回転、左足は後ろ回転。そして腹の鼓は爪の攻撃。分かってはいるものの、回転と攻撃の速さが凄まじい。前の戦いで怪我をしていた炭次郎は、善逸を女の子から引き剥がす時も、声を張った時も、その痛みをずっと我慢していた。長男だから我慢できた。次男だったら我慢できないと。踏ん張ると折れた箇所が軋んで力が入らない。鬼が爪の攻撃をしてきた時に怪我が軋むと・・・と考えると怖くて近づけない。怪我のせいで悪い想像ばかりしてしまう。『鱗滝さん・・・!』と師匠の事を思い出す。

http://animanch.com/

鱗滝が「水はどんな形にでもなれる」と言っていた事を思い出した。升に入れば四角、瓶に入れば丸、時には岩すら砕いてどこまでも流れていく、と。その言葉を思い出し、怪我をしているならそれを補う動きをしろ!と自分に言い聞かせる。「今の俺は骨だけでなく、心も折れている!」と心の中で叫ぶと、善逸が「折れてる炭次郎じゃダメだよぉ~」と涙を流しながら震えていた。心の中にまで出てきた善逸に「はいそこ!静かにしてくださいっ!」と突っ込みを入れると、『頑張れ炭次郎!頑張れ!』と自分自身を元気付ける。そして奮い立たせた『俺がくじけることは絶対にない!』という強い意思を鼓の鬼にぶつけるべく、刀を構えるのだった。

リリィ
リリィ

清くん、生きててよかった~!!

先生
先生

伊之助も善逸も鬼を一体ずつ倒したし、あとは響凱と炭次郎の戦いの行方が楽しみだね♪

鬼滅の刃第12話の感想や評価

リリィ
リリィ

今回もリリィと一緒にツイッターでの感想を見ていこう♪

リリィ
リリィ

原作もいいけどアニメだと動きや声優さんのおかげで見ごたえがあるよね!禰豆子ちゃんはまだ外にほっぽり出されてるっぽいね(笑)はやく活躍してくれないかな~!

リリィ
リリィ

ボリュームある回だった!長男は絶対くじけないし負けない!がんばれ炭次郎~!だね!

リリィ
リリィ

善逸も伊之助もどっちもカッコイイよね!!響凱から血を採るか採らないかは響凱を倒した時のお楽しみ♪原作通りなら、あの動物が登場するよ♪

リリィ
リリィ

炭次郎の強さには勇気をもらうよね!炭次郎を見習って・・・上司になにか文句言いたい時とかに使えるかも・・・?(笑)

リリィ
リリィ

鬼滅の刃の公式ツイッターで2クール放送と発表があったよ!自分を肯定することも褒めることも難しいことだよね、これを機に自分をめちゃくちゃ褒めてみよ~!

リリィ
リリィ

みんなどうだったかな?善逸のギャップにやられたって感想が多かったよ!中には善逸が嫌いって声もあったけど、ずっとうるさいだけだったからこの回で返上できてたらいいな~!

先生
先生

あとは毎度ながらエフェクトや動き関連の事だね。今回の善逸のシーンでのエフェクトが素晴らしかったって声が多数だったぞー!

リリィ
リリィ

次回も楽しみだね♪

タイトルとURLをコピーしました