転生したらスライムだった件1期第14話ネタバレ!

転生したらスライムだった件1期第14話ネタバレ! Japanese

上位魔神ゲルミュット登場

http://coroani-anime.ldblog.jp

オークを蹴散らし形勢を逆転させたリムルの元に、リグルドの長男に名前を与えた上位魔神、ゲルミュットが戦場に襲来。その目的はオークロードをオークディザスターへと進化させジュラの森を支配する事だった。名前を与えて周り種を蒔いて周り、そのためにオーガの里も消されてしまったのだ。その事実を知ったベニマル達は歯を食いしばった。

https://news.walkerplus.com

ガビルは自分が利用されている事も知らずに、ゲルミュットが応援に来てくれたのだと思い込む。助けを求めるガビルに、ゲルミュットはオークロードの養分になれ!と、オークロードに捕食させようとするが、ゲルドは何か考えているようだった。混乱しているガビルをよそにゲルミュットの容赦ない攻撃が降りかかり、ガビルの部下が盾になった。自分を守るために盾になり、部下を傷つけられたガビルは泣き叫ぶ。だが、容赦ないゲルミュットの攻撃が炸裂するのであった。

https://anime-tip.com

ゲルミュットの一撃、デスマーチ・ダンスがガビルに襲いかかろうとした時、リムルはそれを涼しい顔で防いだ。この程度の攻撃でどうやって死ぬのかとゲルミュットに問いかけ、ガビルに部下の分の回復薬を渡し、再びゲルミュットに向き合う。リムルはガビルを気に入ったのだった。助ける理由はそれだけで充分だと。

http://www.ten-sura.com

自分の攻撃を容易く無効化された事に驚くゲルミュット。それでも虚勢を張るゲルミュットにリムルは容赦なく拳を突き立てる。誰が糸を引いているのかと問い詰めるが、敵わないと思ったゲルミュットはゲルドに助けろと命令する。

全てを喰らう者

http://coroani-anime.ldblog.jp

ゲルミュットはゲルドを使ってリムルに攻撃を仕掛けようとするが、自信満々に命令するゲルミュットの背後から、ゲルドに一撃で首をはねられて絶命してしまう。そしてゲルドはゲルミュットを捕食した。上位魔神のゲルミュットを捕食したことでオークロードからオークディザスターに進化し、魔王ゲルドとなってしまった。彼はこの世の全てを喰らい尽くすまで止まらない。

http://coroani-anime.ldblog.jp

ここは任せて欲しい、とベニマル。シオンが大太刀で斬りかかるが、跳ね返される。連携攻撃でハクロウが一旦は首を落とすが、凄まじい回復能力によりそれも無駄となる。ソウエイが動きを封じ、ベニマルとランガが攻撃をするが、その攻撃にも耐えてしまう。ランガは魔素切れでリムルの影に戻るのだった。何万ものオークを蹴散らしたその技にも耐える魔王ゲルド。

https://www.animatetimes.com

ベニマル達の攻撃で傷つき、痛みを味わった魔王ゲルドは、仲間の申し出を受けその身体を捕食する。自己再生と回復魔法で回復した魔王ゲルドはもっと食べるものをよこせと攻撃を繰り出す。その攻撃をリムルは全て無効化し、任せろと歩みだす。

http://torimoge.com

リムルは大賢者に戦いを任せた。大賢者のお手並拝見だと、オートバトルモードで魔王ゲルドに立ち向かう。大賢者の計算により、攻撃を次々とかわし、魔王ゲルドの右腕を切り落とし、武器を消滅させた。しかし、超回復により腕を再生されてしまう。腕を取り戻した魔王ゲルドの攻撃を受け止めたが、掴まれてしまった。

魔王ゲルドの足元にフレアサークルを放ち、焼き殺そうとしたが、魔王ゲルドは炎耐性を獲得してしまったのだった。この結果を予想していたリムルは大賢者に交代を言い渡した。大賢者のおかげで勝算が見えたからと。

https://www.barasa88888-animegame-blog96.com

大賢者と交代したリムルは、魔王ゲルドに敵として認めた。本気で相手をしてやると言い放つ。スライムに姿を変え、捕食者のスキルを発動させた。魔王ゲルドの飢える者、リムルの捕食者、どちらが勝つのか、魔王ゲルドに絡みつく。お前が飢えるものならば、俺は喰らう者だと。

魔王ゲルドの悲しき過去

http://torimoge.com

オーク達の国は大飢饉に犯されていた。水分がなくなり砂漠のようになってしまった大地。植物は育たず、飢えに苦しむ同胞たち。自分の身体は何度切り刻んでも再生するのに、一昨日生まれた子が今朝死に、昨日生まれた子は虫の息。自身の腕を引きちぎり、同胞に与える。暴風龍が封印されて久しいと、ジュラの森に食料を求めに歩き出すのだった。

http://coroani-anime.ldblog.jp

森に行こうと彷徨い倒れていた彼の元にゲルミュットが現れた。名前と食事をくれるという。魔王ゲルドはゲルミュットの言葉に賭けた。ゲルミュットの邪悪な計画の駒にされていたと気づいたが、仲間が飢えに苦しむことはなく、仲間の罪と飢えを引き受けられるのであればそれでいいと思っていた。

http://coroani-anime.ldblog.jp

リムルは魔王ゲルドの記憶の中にいた。彼には、自分が死んだら同胞が罪背負う、自分は罪深くても良い。この世の飢えを全て引き受ける、という覚悟があった。しかし、リムルはそれでも魔王ゲルドの負けだと言う。リムルは罪を全て食ってやる、同胞の罪もまとめて食ってやると約束をした。

http://torimoge.com

魔王ゲルドの前に、豊かな森が現れる。それを見た魔王ゲルドは目を見開いた。涙を浮かべ、自分の飢えは今、満たされた、と彼はリムルに感謝し消えていった。安らかに眠れと祈るリムルだった。オークロードが倒され、飢える者の効果が消滅した。オークの進行はその場で終わりを迎えたのだった。

忠誠を誓う仲間たち

http://coroani-anime.ldblog.jp

オークロードを討ち滅ぼせば後は自由にしてもいい、という約束だったベニマル達に、ご苦労だったと見送りだそうとしたリムルだったが、ベニマルは以外な言葉を口にする。リムルの働きと器の大きさに心からの忠誠を誓い、これからもリムルに仕える、と。リムルはいいのか?と少し戸惑ったが、ベニマル、シオン、ハクロウ、ソウエイの決意は揺らがないのであった。

タイトルとURLをコピーしました