かぐや様は告らせたい第4話ネタバレ!

かぐや様は告らせたい第4話ネタバレ! Japanese

かぐや様は愛でたい

https://anicai.jp

「にゃあ…で合ってますか?」と確認するのは、猫耳をつけた四宮かぐや。四宮がなぜこのような格好をしているのかというと、歓迎会でコスプレを披露するためである。白銀会長はそんな四宮の暴力的な可愛さに悶絶する。この世には組み合わせるべくして生まれてきた関係が存在する。クローバーとミツバチ、アボカドと醤油…そして、猫耳と美少女!四宮かぐやと猫耳はまさに奇跡的相性(マリアージュ)!

https://crownish11104.com

会長は四宮の猫耳姿を見ていると表情が強張ってガクガクしてしまう。そこで、会長はなるべく四宮を見ないようにする作戦に出る。一方、四宮はそんな会長の気持ちには全く気づいておらず、自分だけが晒し者になっている状況が嫌だったため会長にも猫耳をつけてみる。

https://crownish11104.com

そして、四宮もまた会長の猫耳姿の可愛さに悶絶してしまう。殺人的な奇跡的相性(マリアージュ)に、四宮の頬は思わず緩んでしまう。そこで、四宮は自分の舌を噛むことでなんとか耐えたのだった。だが、それも完璧ではない。中途半端なニヤニヤが残ってしまっていた。

http://animanch.com

そんな四宮の表情に、会長は自分の猫耳姿が壊滅的に似合っていないと思い込む。そこでふと四宮は会長の猫耳姿を未来永劫残しておきたいと思い、写真を撮ろうと藤原書紀に提案する。もちろん四宮は会長だけの写真を撮りたいと考えていたが、藤原書紀の提案で四宮と会長の2ショットを撮ることに。

https://anicai.jp

写真を撮るために並ぶ四宮と会長。しかし、二人共お互いの可愛い猫耳姿をその目に焼き付けようと睨み合ってしまう。そんな二人の形相に不穏なものを感じた藤原書紀が二人から猫耳を取り上げたのだった。全員一致の感想。「猫耳怖い」本日の勝敗―――藤原書紀の負け。

生徒会は言わせたい

http://animanch.com

歓迎会は週明けの月曜。目前に迫っているため、必要な物を休日返上で買い出しに行かなければならない。当然誰も行きたがらなかったため、藤原書紀の提案で「NGワードゲーム」で誰が行くか決めることになった。

https://trenist.com

「NGワードゲーム」のルールは、まず各自紙に単語を書き右隣の人に渡す。そして、自分に回ってきた紙は見ないようにして頭の上に掲げ、自分からはわからないNGワードを言ってしまったその人の負けになる。ルール説明は終わり、各自紙にNGワードを書く。会長の右隣は藤原書紀。会長は藤原書紀に1位を取らせて且つ四宮を最下位にするために、藤原書紀が絶対言わなさそうな「ちぇけら」というワードを選んだ。右隣の藤原書紀に紙を渡して、いよいよゲームスタート。

https://amateur-sabr.com

ここで、いきなり藤原書紀がラッパー口調に。藤原書紀は普段の自分とはかけ離れた口調にしてNGワードを言わないようにしているらしいが、NGワードは「ちぇけら」。このままでは、簡単にNGワードを言いそうである。そして、藤原書紀は四宮にそのままラップ口調で質問する。しかし、四宮は何度聞いても笑顔でにっこり。

https://www.animatetimes.com

そう、このNGワードゲームには必勝法がある。それは、一切喋らないことである。ここで、見かねた会長が助け舟を出す。会長の一言で、ここからのゲームには最低限会話が成立するくらいには喋るというルールが追加された。このゲームでは、「必然的行動」をうまく利用する必要がある。「必然的行動」とはあの人ならこうするという行動であり、それを引き出すことがゲームの肝となる。

http://animanch.com

だが、四宮のNGワードは「好き」である。半年かけても四宮からこの言葉は引き出せないのではないかと悩む会長だったが、とりあえず「好き」を引き出すために藤原書紀に「嫌いなものはあるか?」と質問。すると、藤原書紀は急に暗い表情になって「私空気読めないってよく言われるんですよね…」と話し始める。

http://animanch.com

それが自分の嫌いなところだと俯く藤原書紀。藤原書紀のそんな様子を見かねたのか優しく慰める四宮は、思わず「そんな藤原さんが好きですよ」とNGワードを口にしてしまうのだったこれで、四宮かぐやの負けが決定した。

https://amateur-sabr.com

そして、当初の会長の目的としては藤原書紀にあっさり負けてしまえばいい。しかし、ここで全力を出さずに負けてしまっては自分のポリシーに反する。会長は気合を入れ直した。「ここからは、本気でやらせてもらうぞ」と黄金のオーラを放ちながら言った会長。ここで、白銀会長の負けが決定した。会長のNGワードは「本気」だったのだ。こうして、週末の買い出しは四宮と会長が行くことになったのだった。本日の勝敗―――白銀会長の完敗。

かぐや様は送らせたい

http://animanch.com

帰宅後。四宮かぐやは自室で自分のガラケーを眺めていた。NGワードゲームに負けたため、会長と二人で買い出しに行くことになったのだが、一向に会長からの連絡が来ないのである。

https://www.animatetimes.com

だが、自分から会長にメールを送るなどということは断じてできない。そこで、かぐやの近侍である早坂が「電話をしてみては?」と提案。そして早坂はかぐやの返事がある前に、会長の携帯に電話してしまう。しかし、電話に出たのは会長の父親だった。

https://www.animatetimes.com

電話口からは、女の子からの電話に色めき立つ妹の声も聞こえていた。一騒動あって、無事に電話に出た会長。しかし、会長は入浴中。「防水だから問題ない」と言う会長だったが、かぐやは電話口で裸で話す会長を想像して赤面してしまう。構わずに明日の待ち合わせ場所を言う会長。

http://animanch.com

そして会長が最後に何か言いかけたにもかかわらず、かぐやは間違えて電話を切ってしまうのだった。途中で切ってしまったことに狼狽えるかぐやだったが、再度かけ直す勇気はない。そこへ、会長からメールが送られてくる。その内容は、「暖かくして寝ろよ。おやすみ」かぐやの念願だった会長からの初メールは見事叶ったのだった。本日の勝敗―――かぐやの勝利。

http://animanch.com

翌日。記録的な豪雨で、待ち合わせ場所の渋谷ハチ公前は浸水。それでも行くと言うかぐやに、早坂はこんな雨の中会長が待っているはずがないと止める。一方、渋谷ハチ公前。会長は防水スマホを握りしめながら、かぐやのことを待っていた。30分後、かぐやからの中止の連絡が会長にとってのかぐやからの初メールになったのだった。

白銀御行は話したい

http://animanch.com

フランス交換留学生歓迎会、当日。生徒会の三人は歓迎会に参加することに。そこで、会長はハンドブックで予習したためフランス語はバッチリだと自信満々。しかし、会長のその自信は流暢にフランス語を話す四宮かぐやと藤原書紀の姿を見たことで、打ち砕かれたのだった。

http://animanch.com

この歓迎会でフランス語を離せないのは自分だけではないかと、会長は恐怖する。万が一、会長なのにフランス語を話せないと知られでもしたら、バカにされて笑われてしまう。狼狽える会長の姿を影から眺めている人物がいた。それは、この学校の校長である。

http://animanch.com

校長は、白銀会長がこの学校の会長に相応しい器か見定めようとしていたのだった。そこで、校長はフランス校の生徒会副会長のベルトワーズ・ベツィーを差し向けることにする。「傷舐め剃刀」の異名を持つ彼女の言葉を食らったものは無傷ではいられない。

http://animanch.com

「傷舐め剃刀」は、おもむろに会長の元へと向かった。そして、出合い頭に顔面パンチ級の皮肉を流暢なフランス語で飛ばす。さらに、60年代男性が泣き崩れるほどの人格否定(フランス語で)。しかし、会長には全く効果がない。もちろんその理由は大半のフランス語を聞き取れていないからである。

http://animanch.com

全く効いていないにもかかわらず、懲りずに強烈な侮辱を続ける「傷舐め剃刀」。すると、ここで「なんですって?」と恐ろしい顔をした四宮かぐやが立ちはだかる。四宮かぐやの放送コードにひっかかるレベルの脅迫(もちろんフランス語で)に、「傷舐め剃刀」は逃げ出すのだった。

http://animanch.com

その後、歓迎会の片付けをする生徒会。そんな中、かぐやは先程の出来事によって落ち込んでいた。それを見た会長は、「お前が何を言っていたのか全く聞き取れなかった。だが、俺の悪口に怒ってくれたのはわかる」とお礼を言うのだった。

http://animanch.com

その言葉に感動したかぐやは会長を呼び止め、「会長のそういうところが☓☓☓☓ですよ」と笑顔を見せるのだった。本日の勝敗―――両者勝利。

タイトルとURLをコピーしました