かぐや様は告らせたい第1話ネタバレ!

https://anisosa.net/archives/5872 Japanese

映画に誘わせたい

http://animanch.com

私立秀知院学園。貴族制が廃止された今でも名門校として名高い由緒正しい学園である。そして、そんな秀知院学園の生徒会役員は凡人であっていいはずがない。生徒会副会長・四宮かぐやは、200兆円の総資産を誇り四代財閥に数えられる財閥グループのご令嬢である。さらに、四宮かぐやは勉学からスポーツ、芸術・音楽に至るまで華々しい成績を残している紛れもない才女である。

http://animanch.com

一方、生徒会会長・白銀御幸は学年模試で不動の一位。多才なかぐやとは対照的に、勉学一本で外部生でありながら生徒会長の座まで上り詰めた人物である。そんな二人は、秀知院学園の全生徒の憧れの的であり、二人が付き合っているのはないかと噂している者も少なからずいるようだ。

http://animanch.com

そんな噂話など気にしない二人であったが、会長は「四宮がどうしても俺と付き合いたいなら考えてやらんこともない」と考えていた。一方、四宮の方も「会長が跪き身も心も捧げると言うのなら、この私に見合う男に鍛え上げてあげないこともない」と考えていた。

http://animanch.com

そして両者がそうこうしているうちに、なんと半年が過ぎていた。その間、二人の関係に特に変化なし。しかし、この間に二人の思考は「付き合ってやってもいい」から「いかに相手に告白させるか」にシフトチェンジしていた。

http://animanch.com

そして、ここにそんな水面下の心理戦に全く気づかない生徒会メンバーがいた。それは、藤原千花書紀である。藤原書紀は、二人に恋愛映画のペアチケットを渡す。しかも、その恋愛映画は男女で観に行くと結ばれるジンクスがあるらしい。そうとは知らなかった会長は、迂闊にも四宮を映画に誘ってしまう。

http://animanch.com

すると、四宮は「そんなジンクスがある映画に私と行きたいと?それはまるで…」と畳み掛ける。恋愛において好きになった方が負けは絶対のルール!プライドの高い二人の関係において自分の方から相手に告白することは絶対にあってはならないことである。

https://www.animatetimes.com

ここで、会長が動き出す。「お前は俺とこの映画を観に行きたいのか?」会長の上手い切り返しに、かぐやは瞬時に頭を働かせる。誘い自体を断るという選択肢もあるが、そうするとこれまでの下準備が全て無意味になってしまう。そう、四宮は懸賞を偽造し、会長の少ない休日を把握したうえで、藤原書紀の家のポストに映画のチケットを投函したのである。

http://animanch.com

ここで、四宮が取った行動は「純真無垢(カマトト)」!頬を赤らめて「もっと情熱的にお誘いいただきたいです」と純真な乙女を演じることで、神でさえも胸キュン必至である。四宮のこの作戦は会長にも十分に効果があったが、一歩及ばず。二人はさらに激しい頭脳戦を繰り広げる。

http://animanch.com

すると、ここで藤原書紀が「もし恋愛映画がお嫌いでしたら、とっとりとりのすけの映画のチケットもありますよ」と新たな1手を投入。何気ない一言だったが、二人の脳は限界を迎えていた。限界を迎えた二人の脳は、猛烈に糖分を欲していた。この生徒会室に存在する糖分は、この饅頭一つだけ。すなわち、この饅頭を手にした者がこの戦いの勝者となる。しかし、饅頭を手にしたのは藤原書紀だった。本日の勝敗―――両者敗北。

かぐや様は止められたい

http://animanch.com

ある日、四宮かぐやは自分の靴箱にラブレターが入っているのを発見した。そのことを生徒会室で話す四宮。会長はその話が気になって仕方がなく、耳を傾ける。そして、四宮はその男とデートすると言う。会長はなんとか四宮がデートに行くのを阻止しようと考えるが、「デートに行くな」と言ってしまえばそれはすなわち愛の告白になってしまう。

http://animanch.com

策を巡らす会長を尻目に、四宮は心の中で呟いていた。「誰がデートなんて行くものですか」と。無論、四宮の一連の行動は会長にデートに行こうとする自分を引き止めされるための作戦である。

http://animanch.com

ここで、会長が動き出す。「生徒会長として、不純異性交遊は推奨できないな」と一個人としてではなく、あくまで会長として切り出す。さらに、会長は「どうしても行くと言うのなら、俺から教師に話を通しておいてやろう」と教師チクリという姑息な手段に打って出た。

http://animanch.com

これには流石の四宮も引くと思われたが、一歩も引かず。「真実の恋ならば、退学になっても構わない」と言う四宮に、会長は慌てて「俺がお前に(仮に)告白したら、その男を忘れるのか」と口走る。この言葉に四宮は舞い上がるが、会長は最後までデートに行こうとする四宮を止めることはなかった。

http://animanch.com

そんな会長の態度に苛立った四宮はデートに行くと宣言し、生徒会室を出ていこうとする。そして、そんな四宮を引き止める手。会長?と一瞬喜んだ四宮だったが、デートに行こうとする四宮を引き止めたのは今にも泣き出しそうな藤原書紀だった。「退学なんていやだ!」と泣きつく藤原書紀に、根負けした四宮はデートに行くことをとり止めたのだった。本日の勝敗―――かぐやの敗北。

かぐや様はいただきたい

http://animanch.com

とある日の昼休み。生徒会室では、会長が珍しく自分で作ったお弁当を食べようとしていた。その弁当は、四宮かぐやの心を大きく揺さぶった。かぐやの昼食は、専属料理人により休み時間にできたてが届けられる。四宮かぐやの知る弁当は、栄養バランスだけでなく旬の食材をふんだんに使った調和のとれた弁当である。

http://animanch.com

しかし、会長のお手製弁当は煮物、だし巻き卵、タコさんウインナーにハンバーグ、白米に梅干しという食べたいものだけを自由に詰め込んだまるで宝箱のようなお弁当である。四宮は、実在していたと初めて知ったタコさんウインナーを食べてみたいという衝動に駆られる。しかし、それは四宮のプライドが許さなかった。

http://animanch.com

そこへ藤原書紀が現れ、「一口分けてくださいよー」と会長にお願いする。すると、あっさり会長は快諾。藤原書紀は会長にハンバーグとタコさんウインナーを貰い、美味しそうに頬張る。そんな藤原書紀の姿に、四宮は軽蔑の眼差しを向ける。

http://animanch.com

一方、会長は四宮の軽蔑しきった眼差しに気づき、「そんなに俺の弁当は惨めなのか」と勘違い。会長はさらなる奥の手を見せることにした。おもむろに水筒の蓋を開ける。そして、その水筒から出てきたのは温かい味噌汁だった。会長は冷や飯と温かい味噌汁を一緒に食べたときの美味しさについて語り、藤原書紀冷や飯と味噌汁の美味しさに感動する。一方、四宮はそんな藤原書紀の姿を見て絶交することを誓ったのだった。

http://animanch.com

翌日、四宮は伊勢海老など豪華食材が詰め込まれた弁当を持参する。四宮の思惑としては、会長が「一口くれ」と言ったら会長のお弁当と交換するという手筈だった。しかし、会長と藤原書紀は構わず自分の弁当を食べ始める。

http://animanch.com

四宮は、とうとう痺れを切らし会長に「たしか牡蠣が好物でしたよね?」と自分から話しかける。しかし、会長は四宮の不穏なオーラに憐れまれているのだと勘違い。会長は屈辱に耐えながら、「そんな高級なものを貰っても、返せるものがない!」と断固拒否の姿勢を崩さない。

http://animanch.com

「タコさんウインナーでいいのに!」と思う四宮だったが、そんなことは言い出せない。机に思いっきり額をぶつけうなだれる四宮を尻目に、藤原書紀は会長が作ってきてくれた弁当を美味しそうに頬張るのだった。暗殺者のような目をしている四宮を恐ろしく感じた会長は、急いで弁当を食べて生徒会室を出ていってしまう。

http://animanch.com

ただ会長の弁当を食べたかっただけの四宮だったが、ついにその夢は叶わなかったのだ…と思われたが、「かぐやさん、あーんっ」目の前に差し出されたタコさんウインナー。そのあまりの美味しさに、四宮は感動する。そして、そのタコさんウインナーを食べさせてくれた藤原書紀は、四宮にとって正真正銘の女神であった。本日の勝敗―――かぐやの勝利。

タイトルとURLをコピーしました