かぐや様は告らせたい第8話ネタバレ!

https://anisosa.net/archives/5872 Japanese

かぐや様は呼ばせたい

http://animanch.com

秀知院学園中等部は、高等部より徒歩5分の距離にある。その近さから、OBに会うために高等部を訪れる中等部学生も少なくない。そして、本日も中等部から高等部の生徒会を訪ねてやってきた人物がいた。それは、白銀会長の実の妹「白銀圭」であった。

http://yaraon-blog.com

しかし、ちょうど白銀会長は会議に参加しており、生徒会室にいたのは四宮かぐやだけdだった。四宮かぐやは、白銀会長の妹と仲良くなるために策を巡らす。最初に「デキる女アピール」を実行するが、この作戦は石上会計が生徒会室に潜んでいたことで阻まれてしまう。

http://yaraon-blog.com

そこで、かぐやが次の作戦に打って出ようとしたところで、生徒会室に藤原書紀が現れる。そして、「圭ちゃん!こんにちさっぽー!」という藤原書紀の挨拶に「こんにちさっぽー返し」と笑顔で答える白銀圭。藤原書紀と白銀圭は、家族ぐるみの付き合いをしているほど仲良しだったのだ。二人の仲良しぶりを見せつけられた四宮は、殺気立った目で二人を見つめる。

http://animanch.com

「ちか姉」と親しげに呼ばれ、休日の買い物に誘われる藤原書紀を殺人鬼のような顔で見つめることしかできない四宮。しかし、そんな四宮を藤原書紀が休日のお買い物に誘ってくれる。藤原書紀の誘いを受けた四宮は、これまでの殺気が嘘だったように満面の笑みで「行くー!」と答えるのだった。

http://yaraon-blog.com

その後、白銀圭は自宅で兄の御行と今日の出来事を話していた。「四宮副会長とは、緊張して上手く話せなかった」と呟く白銀圭の顔は真っ赤だったが、それに気づかない白銀御行。妹に「うっさい!死ね!」と言われて呆然とする御行だった。本日の勝敗―――白銀圭の敗北。

白銀御行は負けられない

http://animanch.com

私立秀知院学園では、1学期の期末テストが迫っていた。そのため、生徒会でもその話題でもちきりである。白銀会長は「一夜漬けなんてありえない」と言うが、もちろんこれは嘘である。白銀会長は最近ではバイトも休み、10夜漬けに達しようとしている。外部入学の白銀会長にとって、学年1位の座は最高の生命線。その座を守るためなら、嘘も駆け引きも一切厭わない。

http://yaraon-blog.com

一方、四宮かぐやもまた期末テストに向けて本気である。天才の四宮が努力してもなお、白銀会長には勉学において一度も勝利したことがないのだ。それは、プライドの高い四宮にとっては屈辱以外の何物でもない。

http://animanch.com

また、「テスト勉強はバッチリです」と言って帰宅しようとする石上会計。もちろんこれも嘘である。テスト勉強などしていないが、とにかく早く帰って新しく買ったゲームをプレイしたい。その一心で行動する石上会計は、普通に全教科で赤点を取る。それが石上会計という男である。そして、藤原書紀は四宮と白銀会長の嘘を信じて「勉強をしない」ことを決めた。藤原書紀は、二人の駆け引きに巻き込まれて順調に順位を落としている。戦いは、試験が始まる前から始まっているということだ。

http://yaraon-blog.com

そして、期末テスト当日。白銀会長は謎の震えでペンがまともに持てないほど緊張していた。絶対に負けられない戦いが今始まる。天才(四宮)と渡り合い、対等であるために白銀会長は絶対に負けられないのである。

http://yaraon-blog.com

期末試験終了。結果は白銀会長が1位で、四宮かぐやが2位だった。張り出された結果を見てクールに会話する二人だったが、四宮は目から血が吹き出そうなほど悔しがっていた。一方、白銀会長もまたクールだったが、意味もなくシャドウボクシングを始めてしまうほど喜びに満ち溢れていた。こうして、嘘と欺瞞の期末テストが終わりを告げた。本日の勝敗―――白銀の勝利。

そして石上優は目を閉じた

http://yaraon-blog.com

話は、期末試験一週間に遡る。石上会計は、職員室で進級が危ういことを教師から注意されていた。秀知院学園では平均点の半分以下を赤点とし、補習などの救済措置は一切行わない。石上会計は次の期末試験で赤点を取れば、進級できなくなってしまう。

http://yaraon-blog.com

そのことを聞いた四宮かぐや。本人の危機感のなさを見た四宮は、彼の勉強を見てあげることにする。四宮の勉強の指導は、超スパルタ。四宮は石上会計からピコピコなどのゲーム機を全て没収し、彼の大嫌いな煮干しを食べさせながら、勉強を教える。

http://animanch.com

こうして、四宮かぐやと石上会計の期末テストに向けた特訓の日々が始まるのであった。勉強から逃げようとする石上会計を捕らえ続ける四宮かぐや。石上会計からは逃げる気力すらも失われていく。

https://www.mian3810.com

そんなある日の放課後、石上会計と四宮かぐやは図書室でテスト勉強をしていた。すると、二人のそんな様子を見た女子生徒が石上会計の陰口を叩いているのを四宮が耳にする。それに対し、四宮かぐやは「石上君はわたしの目で関係を築くに足る人物であると判断した人物です」と言い返す。その様子を影で見ていた白銀会長は、「俺の出る幕はなさそうだ」と安心した表情を浮かべていた。

http://yaraon-blog.com

後日、期末テストは終了。石上会計のテストの結果を見た四宮は、鬼のような表情を浮かべる。あれだけ教えたのに赤点ギリギリの点数じゃないかと怒る四宮かぐや。そんな四宮の姿を見て怯える石上会計に、白銀会長は笑いながら「ああいう奴なんだよ」と語りかける。四宮かぐやは、自分に嘘をつかない。何をしてでも守り通す気高さがある。そんな風に四宮のことを言いながら見つめる白銀会長の表情は、とても誇らしそうだった。本日の勝敗―――白銀の敗北。

タイトルとURLをコピーしました