炎炎ノ消防隊

Japanese

炎炎ノ消防隊第6話の感想や評価

かつては同じ修道院で暮らしていたアイリスと、ヒバナ。二人の穏やかな生活は、ある日突然失われてしまった。ヒバナの心は悲しみと憎悪で塗りつぶされてしまった---。『第5』のヒバナ大隊長に挑んで猛攻を受けるシンラだったが、彼女の過去を聞いて奮起する。炎炎ノ消防隊第6話の感想や評価!
Japanese

炎炎ノ消防隊第5話の感想や評価

『第5』の大隊長、ヒバナとの一件依頼、どこか浮かない顔のアイリス。シンラはそんなアイリスに気遣いからか声を掛けるが、やはりどこか翳りのある笑みで返されてしまった。オウビは"焔ビト"の秘密を解明するためには、『第5』を調査する必要がある事や、その方法としては戦闘も辞さないことを隊員達に伝えた。そんな中、シンラは新たな任務に意気込む。その夜、アイリスは他の隊員たちとは別の決意を固め、一人で『第5』の本拠地へと向かう---炎炎ノ消防隊第5話の感想や評価!
Japanese

炎炎ノ消防隊第3話の感想や評価

全ての特殊消防隊の新人隊員が技能を競う大会、『消防官新人大会』で、『第8』の新人として出場することになったシンラ。12年前の火事の真相の鍵を握る人物が会場内に居るのではと密かに目を凝らしていたが、『第1』の新人であるタマキの『ラッキースケべられ』に巻き込まれ、競技開始の時間になってしまった。競技開始直後から先行するシンラだったが、そこに一人の男が姿を見せる。その男がシンラに語った事とは--?炎炎の消防隊第3話の感想や評価!
Japanese

炎炎ノ消防隊第2話の感想や評価

第8特殊消防隊に入隊した新人はシンラだけではなかった。新たに配属されてきた新人は、シンラの訓練校からのライバルである、自称・騎士王アーサー。シンラとアーサーは喧嘩ばかりしながらも、消防官としての知識や強さを先輩のオウビ、ヒナワ、マキから学んでいく。そんな中で舞い込んだ緊急出動の現場で”焰ビト”の鎮魂という特殊消防隊の使命に必要なものは知識や強さだけでは足りないという事を知ることに---。炎炎の消防隊第2話の感想や評価
Japanese

炎炎ノ消防隊第1話の感想や評価

炎炎ノ消防隊第1話のあらすじ 太陽暦佰九拾⼋年、東京皇国。人々は原因不明の“人体発火現象”と、その犠牲者のなれの果て、炎の怪物“焰ビト”の脅威に怯えて暮らしている。“焰ビト”に対抗する特殊消防隊の新人隊員で、悪魔の足跡と呼ば...