鬼滅の刃

Japanese

鬼滅の刃第10話の感想や評価

炭次郎は矢印鬼に苦戦を強いられていた。型の応用でやっと首をはねることができたが、矢印鬼は最期の力を振り絞り、ありったけの力で炭次郎に攻撃を仕掛ける。それに苦戦する炭次郎は、型で攻撃が終わるのをなんとかしのいでいた。一方禰豆子と愈史郎達は、手鞠鬼との戦いを続けている。状況を危惧した珠代は、自信の血鬼術を使おうとしていた。
Japanese

鬼滅の刃第10話ネタバレ!

炭治郎の苦境は続いていた。矢印鬼(矢琶羽)が最期に繰り出した『紅潔の矢』を水の呼吸の型を駆使してなんとか防いでいた。一方、禰豆子は手鞠鬼(朱紗丸)と戦っていた。状況を危惧した珠代が、自信の血鬼術を使い手鞠鬼を追い込んでいく。鬼滅の刃第10話ネタバレ!
Japanese

鬼滅の刃第9話の感想や評価

炭次郎を助けた鬼、珠代と愈史郎。炭次郎と禰豆子を目隠しの術で隠した屋敷へと呼んだ。そこで炭次郎は禰豆子を人間に戻す方法についての活路を見出す。その時、鬼舞辻が差し向けた二体の鬼が姿を現し、激しい戦闘が始まる。鬼滅の刃第9話の感想や評価!
Japanese

鬼滅の刃第8話ネタバレ!

珠代が炭次郎にした2つのお願い。1つ目は禰豆子の血を採取させて欲しいという事、2つ目は鬼舞辻に近い血を持った鬼の血を採取する事。珠代と愈史郎と話し合いをしている最中、鞠を持った鬼と手に矢印がある鬼が攻め入ってくる。鬼滅の刃第9話ネタバレ!
Japanese

鬼滅の刃第8話の感想や評価

次の任務の舞台は大都会東京浅草。都会の街並みに圧倒されあたふた。やっと腰を落ち着け用途したとき、鬼舞辻無慘の匂いを嗅ぎつける。匂いを辿って鬼舞辻の肩に手をかける。が、鬼舞辻の手には古戸のがいた。そして通行人を鬼に変えてしまう。街は一気にパニックになる。事態の収拾を図ろうとする炭次郎の前にある人物が現れる。鬼滅の刃第8話の感想や評価!
Japanese

鬼滅の刃第8話ネタバレ!

初任務が無事に終わり、次の任務へと東京の街へとやってきた炭次郎。場所は東京・浅草。人の多さと建物、思っていた以上の都会に戸惑いながらも鬼舞辻無慘の匂いを嗅ぎつける。通行人に爪を立てて鬼に変化させる鬼舞辻。鬼になった男を必死に抑え、事態の収拾を図ろうとするが・・・鬼滅の刃第8話ネタバレ!
Japanese

鬼滅の刃第7話の感想や評価

三体に分裂した沼の鬼と戦う炭次郎。間一髪のところで木箱から禰豆子が鬼を蹴散らした。鬼になった妹に人間を託してもいいのか迷う炭次郎だったが、決意し禰豆子に2人を任せ、二体の鬼を倒しに自ら沼へと足を踏み入れた。沼の中にはさらわれた人の着物や身につけていたものが散乱していた。炭次郎は怒りを燃やして鬼と対峙する。鬼滅の刃第7話の感想や評価まとめ!
Japanese

鬼滅の刃第7話ネタバレ!

3体に分裂した鬼に苦戦を強いられる炭次郎。ピンチになったとき、木箱から禰豆子が飛び出し鬼を蹴散らす。鬼になってしまった禰豆子は、炭次郎が守らなければならないほど弱くはないが、鬼は鬼だ。任せてもいいのかと葛藤するが、禰豆子なら2人を守ると信じ、決意し、2匹の鬼を追い、自ら沼に足を踏み入れる。鬼滅の刃第7話ネタバレ!
Japanese

鬼滅の刃第6話の感想や評価

隊服に袖を通し、日輪刀を腰に差す。鬼殺隊として初めての任務だ。鱗滝製の木箱に禰豆子を入れ運び向かった先は北西の町。炭次郎はその町で、恋人を鬼にさわらわて憔悴しきっている和巳と出会う。匂いを嗅ぎ分け鬼を倒すべく、少女が消える事件に挑む。鬼滅の刃第6話の感想や評価まとめ!
Japanese

鬼滅の刃第5話の感想や評価

七日間の戦いで生き残ったのは、たったの4人だった。生き抜いた炭次郎たちを出迎えた案内役の双子から、鬼殺隊についての説明が行われ、連絡用の鎹鴉(カスガイガラス)を支給された。そして、自分の日輪刀になる玉鋼(たまはがね)の選択をする。最終戦別でボロボロになった身体でやっと鱗滝左近次の家へと帰ると、そこに待っていたのは…?鬼滅の刃5話感想&評価まとめ!