鬼滅の刃

Japanese

鬼滅の刃第20話の感想や評価

累の放った血鬼術で、死を覚悟した炭次郎は、走馬燈の中で亡き父が舞っていた神楽を思い出し、新しい技を放つ。“ヒノカミ神楽・円舞”--。相打ち覚悟で繰り出し、累の首を切り落とす事に成功。倒れる禰豆子の元に這って行こうとする炭次郎の背後に、今倒したはずの累が立っていた。そして、そんな炭次郎の元へ現れたのは---鬼滅の刃第20話の感想や評価!
Japanese

鬼滅の刃第19話の感想や評価

鬼殺隊の最強剣士である『柱』。その柱が那田蜘蛛山に到着した。父鬼と戦う伊之助の前に現れ、一太刀で切り伏せる水柱の富岡義勇。その太刀筋を見た伊之助は自分と義勇の格の違いに興奮して戦いを申し込む・・・が・・・。一方、全身に毒が回り、瀕死状態になっていた善逸の前にも、蟲柱の胡蝶しのぶが現れていた。そんな中、炭次郎は累との戦いで刀が折れてしまっていたーーー。鬼滅の刃第19話の感想や評価!
Japanese

鬼滅の刃第18話の感想や評価

那田蜘蛛山の父鬼と対峙した炭次郎と伊之助。たんじおるは父鬼の怪力に吹き飛ばされ、伊之助が独り父鬼と戦う事に。父鬼に飛ばされ、川の近くに落下した炭次郎は、姉鬼を痛めつけていた鬼、累と出会う。恐怖と憎悪の匂いしかしない『絆』に激怒する炭次郎。累と炭次郎の戦いが始まった---。鬼滅の刃第18話の感想や評価!
Japanese

鬼滅の刃第17話の感想や評価

鬼舞辻無残の直属の配下である十二鬼月がいると、那田蜘蛛山の母鬼から知らされた炭次郎。妹の禰豆子を人間に戻す手がかりになる鬼がこの山に居る---。傷だらけの伊之助と共にさらに森の奥へと進む。一方善逸は、一人寂しく森を進んでいた。そんな善逸の前に、人面蜘蛛が現れる。鬼滅の刃第17話の感想や評価!
Japanese

鬼滅の刃第16話の感想や評価

蜘蛛の糸に操られた鬼殺隊員と戦う炭次郎と伊之助。降りかかる糸と蜘蛛の巣を破り、二人は山の奥へと進んでいく。蜘蛛の糸は森を進むにつれて太くなった。そして、操られている者たちも、人間ではあり得ない動きをし始める。骨が折れてもお構いなしに操られる鬼殺隊員を見て、炭次郎が取った行動とは・・・?鬼滅の刃第16話の感想や評価!
Japanese

鬼滅の刃第15話の感想や評価

藤の花の家紋の家で休息を取った炭次郎・善逸・伊之助は、鎹鴉の伝えた指令で北北東の那田蜘蛛山へと向かう。その山には、蜘蛛の巣が張り巡らされ、無数の蜘蛛が蠢く山だった。炭次郎達がそこで出会ったのは・・・鬼滅の刃第15話の感想や評価!
Japanese

鬼滅の刃第14話ネタバレ!

やっとの事で鼓の鬼である響凱との戦いを制した炭次郎。戦いが終わり、外に出ると、猪の頭を被った少年にボロボロにされる善逸の姿があった。守っているのは禰豆子の入った木箱。その様子を目の当たりにして怪我も忘れて立ち向かう炭次郎。鬼殺の隊服を着たこの少年の正体とは----。鬼滅の刃第14話ネタバレ!
Japanese

鬼滅の刃第14話の感想や評価

死闘の末、響凱との戦いを制した炭次郎。清とてる子を連れて屋敷の外に出ると、そこには、猪の頭を被った少年にボロボロにされている善逸がいた---。この男の正体とは・・・?鬼滅の刃第14話の感想や評価まとめ!
Japanese

鬼滅の刃第13話の感想や評価

屋敷の主である響凱が、鼓を打つたびに部屋が回転する血鬼術に苦戦を強いられる炭次郎。前の戦いで負った傷が軋み、弱気になる自分を鼓舞して奮い立たせる。炭次郎は無事に響凱を倒す事ができるのか・・・鬼滅の刃第13話の感想や評価!
Japanese

鬼滅の刃第13話ネタバレ!

炭次郎は、鼓を打つたびに部屋が回転する響凱の血鬼術に苦戦を強いられていた。前の戦いの傷が癒えていない炭次郎は、弱気になる自分自信を鼓舞して必死に立ち向かう。響凱の手ごわい血鬼術。炭次郎果たして勝利を収める事ができるのか?鬼滅の刃第13話ネタバレ!